<< 見極めて・・・硬派を | main | 新たなCompany >>
心が
category: -
0
    心がこもった演舞をすることは


    私たちの最低限のマナーで


    それをやることが当たり前だと思っていました。



    演舞が

    上手くいったにしろ、失敗したにしろ…




    それは

    レッスンにおいても。




    その時間をみんなで共有しているわけだし

    みんな、それぞれ時間にやりくりつけて

    レッスンに来てる。

    レッスンしている私たちを見ていてくれる先生の時間だって

    私たちは消費してる。







    その毎回のレッスンに

    心がこもってないことは

    ありえない、というより

    心を込めることは

    当たり前だと思っていたから。



    気が漫ろだったり

    集中できなかったり

    とりあえず踊っているだけだったり……









    そんな時間は

    一緒にやっている仲間に対して

    教えてくれる先生に対して


    失礼な時間でしかない。












    少人数の私たちは


    1人が5人分くらい頑張らなくては





    他と同じスタートラインに立てない。










    自覚が足りない。





    その一言。










    みんなが5人分頑張ってくれれば




    私は15人分頑張るから。









    心がこもったレッスンを

    今日

    昨日

    毎回……


    出来ていなかったな、と思うひとは






    改めよう。







    もう時間が無い。



    でも



    まだ

    ある。











    REMI
    -, -, - -
    New Entry.
    Category.
    Archives.
    Comment.

    Profile
    Calendar
    SMTWTFS
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Links
    Mobile
    qrcode
    Others
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    Search